江ノ島まで30キロ。小学2年生には大変じゃないの?

桜太郎(おうたろう)小学2年生。夏休みの思い出に
『江ノ島まで30キロ。走ってみよう!』を計画し
どんな1日になるのか楽しみにしていましたが・・・
8月3日月曜日に走ってきました。

早朝出発を予定していましたが、朝は路面が濡れていて
雲行きもあやしかったので、午前中にパパと出発。

帰りは車で帰宅を予定していたので、私は車で、江ノ島へ向かいます。
運転中は桜太郎の様子とすれ違うサイクリストが気になります。
先に着いて、走って来る所を迎えたかったのですが、
善行の坂 辺りから渋滞で、進まない・・・

桜太郎とパパは、水分補給以外は休憩する事もなく
順調に江ノ島へ到着!

待ち合わせしていた、江ノ島水族館前のデニーズへは
私の方がすっごく遅れて到着。
桜太郎は、汗も引き、疲れも無い様子。

      「おー頑張ったね♪ どうだった?大変だった?」

桜太郎  「う~ん、暑くなかったから・・・そんなに大変じゃなかった・・・」

      「えっ?そうなの・・・海が見えた時はどうだった?」

桜太郎 「海が見えた時は嬉しかったけど・・・
       すっごくトイレに行きたかったんだよ・・・」

      「はぁ・・・?」

私が初めて江ノ島まで走れた時は、すごーーーーーく嬉しくて
海も、町(?)もキラキラして見えて、外国に来たみたいだったのに・・・

ガッカリ・・・

パパが「往復できそうかもね。」と言っていましたが
子供は元気で、沢山走れるみたいです。

翌日も全く疲れが無いようで、元気に飛び跳ねていました。
そして、絵日記には、昼食後に遊んだ、海での思い出を
沢山書いていました。。。

じゃあ次は、往復60キロ、一緒に走ってみようね。





私は足がまだ少し故障中で、色々とさぼってます。
足が元気になったら、また走って、上りたいと思います♪

    
[PR]

by piccoriena | 2009-08-06 11:19 | 子育て