サイクリストの挨拶☆

先日『くまのこうちょうせんせい』という絵本を読みました。
c0178256_1653518.jpg

くまの校長先生は毎朝元気に子供達を迎えます。
皆も元気に挨拶します。でも、ひつじ君は大きな声がでない。
くまの校長先生は「勇気を出してごらん。」と頭をなでます。
ところがある日、校長先生は、病気になり大きな声が出せなくなります。
お医者さんや看護婦さんは「大きな声を出してください。」
とはいいませんでした。
校長先生の小さな声に、耳を澄ましてくれたのです。
そして、校長先生は小さな優しい声で、ひつじ君に言いました。
「先生ね、病気になってわかったことがあるんだよ。
 大きな声を出そうと思っても、出せない時があるんだね。
 大きな声を出そうねって、いっぱいいって、ほんとうにわるかったね。」と
ところが、突然校長先生がうずくまってしまい
ひつじ君は大きな声で叫びました「たすけてー!」と
それから、ひつじ君は大きな声が出せるようになりました。

この絵本は、神奈川県茅ケ崎市の浜之郷小学校校長、大瀬敏昭先生が
「あと三か月の命です」といわれたあとも、学校に通い『命の授業』をされた
実話を元に描かれたとっても良い絵本でした。

サイクリング中に気持ち良く挨拶される方に出会うと素敵だなぁ・・・
と思うので、私も笑顔で挨拶を心がけていますが、なかなか声が出ない。
一応「おはようございます♪」「こんにちは♪」と言っているけど
相手には聞こえているかな。。。
気持は伝わってるといいのだけれど・・・

サイクリスト同士の挨拶っていいですね☆

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by piccoriena | 2009-05-09 16:55 | 子育て